電話会議システム・電話会議サービスのコーラスライン

コールセンター、コンタクトセンターの構築・運用のNTTマーケティングアクト
コーラスライン
ご契約者向けページ
記載されている各種料金は税抜です。別途消費税が加算されます。
コーラスラインの特長 電話会議活用ガイド
オンライン申し込みはこちらから
電話会議システム(電話会議サービス)コーラスラインについては、フリーダイヤル0120-551557までお気軽にお問い合わせください。
非常時・災害時・緊急時のためのコーラスライン
非常時の対策会議に!

2003年以降、アジアを中心に強毒性のH5N1新型インフルエンザウイルスの感染が相次ぎ、致死率は約6割にも上っています。H5N1型が変異すれば、被害が甚大となる恐れがあります。日本では、発生・流行すれば最大で国民の4分の1が感染し、最悪の場合は64万人が死亡すると予測しています。
厚生労働省は「いつ発生してもおかしくない」として、「事業所・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン」を策定し、自治体や企業、地域、家庭向けに事前の備えを呼び掛けています。

【従業員等への感染の予防のための事業者・職場の事前の措置】
可能であれば、次のような感染拡大防止のための業務形態を検討しておく。
 ・在宅勤務で可能な業務の有無
 ・対面による会議を避け、電話会議やビデオ会議の利用
 ・ラッシュ時の通勤および公共交通機関の利用の回避   など。
(厚生労働省ホームぺージより抜粋)

また、NHKニュース(08.11放映)内でも、新型インフルエンザ対策に電話会議が有効であるとの紹介がありました。

新型インフルエンザ対策(H1N1型豚インフルエンザ対策、H5N1型鳥インフルエンザ対策)は、安全で迅速な対応が必要です! 東京と大阪のセンターの二重登録をお勧めします。
(東京センターが輻輳(接続NG)の場合、大阪センターに接続して利用できます) 新型インフルエンザ(H1N1型豚インフルエンザ、H5N1型鳥インフルエンザ)発生!
こんな時、電話会議システム(電話会議サービス)コーラスラインなら、安全に対策本部とメンバを繋ぎます。 災害時の対応に! 災害時の安否確認なども、迅速な対応が可能です! 東京と大阪のセンターの二重登録をお勧めします。
(東京で災害が起こった場合、大阪センターを利用する等の柔軟な対応ができます) 大地震発生!
こんな時、電話会議システム(電話会議サービス)コーラスラインなら、迅速に対策本部と社員を繋ぎます。 日常業務の中でも便利に使える!
■支店・営業所との打ち合わせに

営業所への情報提供や業績の報告など、コーラスラインを利用して経営の一体化が図れます。

■社長講話・社内セミナーに

コーラスラインには講義形式の利用ができるリッスンオンリー(単方向通話モード)もあります。

記載されている各種料金は税抜です。別途消費税が加算されます。